• aoyamakilastreet

店頭のブドウの木が実を付けて。。。no.501



今年も秋の収穫に向けて、世界各地のワインの産地では、様々な種類の

ブドウが育っているのでしょう。

熊野通りにある『角打ち』(カクウチ)ワイン酒店 no.501 では

オープン当初からあるストーリーと共に自社ワインの販売も行っています。


お店で購入したワインを店内で飲む事が出来るシステム(基本立ち飲み)

で、その場ですぐに飲めるという楽しみがあります。


お店のスタッフと産地、特徴、もちろん味や香りと、会話も味わいながら

ワインの世界へ。。。と。


今年のできはいかがでしょうか?楽しみですね。


閲覧数:9回